服装について。

  鳥さんもオシャレする時代。

 

どうも、つるつるです。

気づけば5月も終わり、梅雨の気配が漂っていますね。

 

さて、突然ですが、皆様の思い描く『会計事務所』の”絵面”はどんな感じでしょうか?

所内に資料や書籍が広がる中、職員はパソコンに向かいあい、所長や会計士は頻繁に外へ赴く――。

だいたいこんなイメージをされる方が多いのではないでしょうか。

以前『一般的な会計事務所』とは『少し違った会計事務所』と紹介いたしました弊所も、

この点に関してはおおよそ一致しています。

 

ただ、おそらく皆様が予想した”絵面”と異なるであろう点が一つだけあります。

それは『服装』です。

弊所は私服勤務が基本となっており、スーツをピッチリ着こなしたオフィスではありません。

更に付け加えますと、私服の基準もかなり緩く、フォーマルさが求められる事もありません。

何よりも所長の若杉が率先してラフな格好にて業務をこなしております。

 

勿論、お客様とお会いする際などはしっかりと相応しい格好に身を包んでおります。

一方、所内で活動する分には、接する相手は殆ど所員だけですので気負う必要もありません。

だから寧ろ活動しやすい恰好でいる事で、生産性の向上を目指す方が合理的にも思えます。

(逆にピッチリ着込む事で気持ちが引き締まり、生産性が上がる方もいらっしゃるでしょうが……)

 

礼節は大切にした上で、省ける無駄は省いていく。

それこそが真に「TPO(時・場所・”場合”)」を考えて活動するという事かもしれませんね。

 

 

 

さて、今回紹介する鳥はハナガサインコシエルです。

(まだ若いので性別が確定していません。恐らく女の子)

翼に…様々な色の羽が見られる事を

花笠に例えてこの名前になったのでしょう。

ハナガサインコは日本での知名度は高くなく、

飼育例も殆ど見られないマイナー?なインコになります。

ですので未だ種族の特徴もわからない事が多いのですが……

我が家のハナガサインコはとても元気好奇心旺盛です。

そして明確に人を選り好みします(笑)

お迎えした時は素直に私の手にも乗ってくれたのですが、

今ではヒョイヒョイと避けていく毎日です……(笑)

そしてこの子も母には懐いているので、

人を良く見ているんだなぁ、と関心してしまいます。

 

 

 

 

●認定支援業務の実践&売り上げUP方法なら
「認定支援ビジネス実践会」
 http://nintei.org/jissen/

 

●認定支援ビジネス実践会の情報がLINEに届く!
(既存会員様はご利用いただけません)
友だち追加

 

●公式Facebookページ
https://www.facebook.com/wakasugicpa/