補助金申請支援 実務担当スタッフに聞く、未経験者による補助金支援のノウハウとは?

皆さま、こんにちは。

先日事業再構築補助金第5回の採択発表が行われました。皆さまはいかがでしたでしょうか。

弊社では、初心者の方でも自信を持って補助金申請支援をしていただけるようなサポートサービスをご提供しています。
本日はこのサポートサービス「Dr.プロフィット」でご提供している一部のツールについて、弊社で補助金申請支援実務を担当するスタッフがその魅力について語ります。

補助金申請支援フランチャイズ「Dr.プロフィット」とは?
未経験でも3ヶ月で採択」を目指し、初心者の方でもスムーズな申請支援を行っていただけるよう、弊社オリジナルのツールやノウハウをご提供するサポートサービスです。弊社で過去申請支援し採択された事例(総数100以上)のご提供や、添削・チャットでのご質問(無制限)は特にご好評いただいています。


弊社 実務担当スタッフ:李 健作

申請書のひな型は、採択されやすい品質が担保されています

まず、申請書で重要なのはアウトライン(構造)です。このアウトラインで、80%は勝負が決まります。弊社で過去採択された申請事例には、既にこのアウトラインが入っているので、採択されやすい“品質”が担保されているのです。どんな人が申請支援実務をしても、スキルによる振れ幅が少なくすむのが大きなポイントです。

実際弊社で実務を担当しているスタッフは、私ふくめ皆未経験から始めていますし 申請事例があれば、補助金支援実務の経験の有無は関係ないと言えるでしょう。
日ごろ文章を書くことに抵抗がなければ、どんな方でも着手できると思いますよ。

申請書のひな型は毎回アップデートしています

最近の改善として、審査官の「目」をより意識した構成へと仕上げています。と言うのも、審査官が1案件の審査にかける時間って、どのくらいかご存じでしょうか。
約10分
というのがひとつの見解です。限られた時間の中で、審査項目と照らし合わせながら10~15ページの申請書を読みこまなくてはなりません。申請書には、いかに審査項目をアピールし、説得力あるストーリーへ展開できる内容であるか。が求められているのです。

私の工夫ポイント

申請書で訴求力が高い素材は、何と言っても写真ですね。写真を用いることで事業計画の強みの訴求力が上がると実感しているので、私はどんどん使用しています。写真に限らず、入れた方が良さそうだと思ったら表やグラフも積極的に取り入れています。この辺りは申請書のひな型どおりではなく、案件ごとにアレンジしていきたいところですね。

私のとっておきツール「経費明細シート」

ものづくり補助金、事業再構築補助金ともに従業員数や企業規模などによって補助率や補助上限額が変わってきます。細かな条件により異なる上限額の間違いを防止する目的で私が作成しました。

本来なら、お客さまから従業員数や企業規模や投資金額などを伺った際、公募要領と照らし合わせながら補助率や補助上限額を算出していきます。
さらに経費がいくつかの費目でまたがり上限額をオーバーする額の場合、それぞれの費目から上限額を按分する必要が出てきます。
それを経費明細シートを使用すれば、たった4項目(投資金額・企業規模・申請枠・従業員数)を入力するだけですべて自動計算ができるようになっています。

実務のときはもちろん、案件受託時の無料相談の際にこのシートを使用すれば具体的なより踏み込んだお話ができるようになりますね。

 

 

 

 

 

▲経費明細シート

 

いかがでしたでしょうか。
このように、弊社では初心者の方でもスムーズな申請支援業務ができるよう各種ツールをご用意しています。
今月補助金申請支援フランチャイズ「Dr.プロフィット」の加盟社募集説明会を開催いたしますので、この機会にぜひご参加ください。

Dr.プロフィット加盟社募集説明会開催のご案内

「自身は現場から離れ、スタッフへ新事業を任せてみたい!」
「補助金申請支援をもっと効率よくできないか」
このようなお悩み、ございませんか?

とことん頼れる存在となれるような補助金申請支援の各種サポートをご用意しています。
説明会を開催いたしますので、ぜひご参加くださいませ。

▼開催日時▼
6月22日(水) 13:00~14:00

▼開催場所▼
オンライン開催(ZOOMウェビナー)
※5月27日開催分の録画放映となります。

▼参加費▼
3,000円(税込)
※先駆会会員様は、無料で受講いただけます。
( 但し、ご加入プランにより有料の場合がございます。)
※過去、弊社主催説明会へご参加いただいた方は無料です。

▼説明会内容▼
1 補助金申請支援フランチャイズ「Dr.プロフィット」のご紹介
・未経験で始めて 売上大幅UP!採択実績と共にご紹介
・Dr.プロフィットサービスご紹介
2 補助金トピックス
若杉が自身の見解を交えてご説明します。

説明会お申し込みはこちら!
https://drpro.jp/fc/#contact
※外部の申込ページに移動します