【緊急開催】令和2年の公的制度活用勉強会

政府は頑張る中小企業を応援しています。

令和2年実施の中小企業予算制度が決まりましたので、

より多くの中小企業の方に活用頂けるように、

令和2年(2020年)実施の公的制度(補助金・助成金・融資)の勉強会を開催します。

 

※2020年3月26日に開催した動画を無料配信します(画像はイメージ)

 

コロナ対策の支援策も併せて解説します!

難しい時代ではありますが、だからこそ、支援制度を活用して経営革新を進めていきましょう。

 

【緊急開催】令和2年の公的制度活用勉強会
~補助金・助成金・融資制度をご紹介~

内容

(1)補助金・助成金

・設備投資/システム開発等に1,000万円【ものづくり補助金】

・海外展開向けの設備投資/システム開発等に1,000万円【ものづくり補助金グローバル型】

・ホームページ製作、チラシ制作など販路開拓に50万円【小規模事業者持続化補助金】

・省エネ設備の導入に最大3,000万円の補助金【省エネ補助金】

・事業承継に伴う新規事業に最大1,200万円の補助金【事業承継補助金】

・非正規社員の正規雇用に対して、1名あたり57万円の助成金【キャリアアップ助成金】

・勤務時間インターバルの導入で最大100万円の助成金【勤務時間インターバル助成金】

・テレワークの導入で100万円の助成金【テレワーク助成金】

(2)公的融資

・新規事業について無担保8,000万円の別枠保証

・運転資金を最大限に調達する方法

・既存債務の借換を利用した新規調達

(3)コロナ対策支援制度

・緊急融資制度の内容

・緊急融資制度の申込方法

 

講師

若杉公認会計士事務所 公認会計士 若杉拓弥

※中小企業庁 経営革新等認定支援機関(全国対応)

 

 

 

 

 

慶應義塾大学商学部卒。大学3年時に当時全国最年少学年で会計士合格。実家の医院を継げなかった過去から、会社の医者として会計士の活動を展開。税理士登録はせずに、新規事業立案・資金繰改善・管理会計導入といった経営コンサルティング業務をてがける。補助金等の支援も積極的におこなっており、「ものづくり補助金」については全国約2万の会計事務所の中でナンバー1の支援実績を誇る。

 

参加費 無料

 

ご受講はこちらから