経理の自動化について

こんにちは。

今回のブログはりかです。

 

突然ですが、皆さんはまだ電卓を使っていますか?

 

十数年前まで、経理担当者の強い味方は電卓でした。

各部署から提出される、交通費伝票、経費支払伝票、仮払伝票etc…。

手書きの伝票に電卓をいれ、金額に間違いがないかを確認し、

会計ソフトに黙々と入力する。地味なお仕事です”(-“”-)”

 

しかし今は、一度電子化されたデータを自動で会計ソフトが取り込み、

経理を自動化、効率化させる【クラウド会計】が浸透しています。

 

クラウド会計ソフトは、インターネットに接続していれば、

いつでも、どこでも、簡単に、正確に、スピーディーに経理業務が行えます。

 

そのクラウド会計について、少しだけ紹介します。

 

1.莫大な投資、システム開発は必要ありません

ネットで検索すれば、たくさんの会計ソフトがヒットします。

自社で一から開発する費用(人的コストも含め)はありません。

 

2.自動で経理処理

今までは、通帳などの紙ベースの資料から仕訳を入力していました。

しかし、クラウド会計では銀行データなど、

日付、金額、相手先、明細情報などを自動で取得し、

設定しておけば自動で仕訳をしてくれます。

 

3.会計ソフトが常に最新バージョン

税法改正など、しっかり対応する事って大変じゃないですか?

会計ソフトをバージョンアップすることで、システムから逆に教えてもらえる時代です。

 

昔に比べ、経理業務のシステム化のハードルはかなり下がっています。

もしかしたら、近い将来、経理担当者は不要になるかもしれませんね。

 

 

認定支援業務の実践&売り上げUP方法なら
「認定支援ビジネス実践会」
http://nintei.org/jissen/

認定支援ビジネス実践会の情報がLINEに届く!
(既存会員様はご利用いただけません)
友だち追加

公式Facebookページ
https://www.facebook.com/wakasugicpa/