ものづくり補助金 2次公募採択結果

ものづくり補助金 2次公募採択結果

こんにちは、ミセスです。

11月に入りすっかり秋も深まってきました。

今日は、10月29日に発表のあった

平成29年度補正ものづくり補助金2次公募採択結果

今後、ものづくり補助金はあるのか??

について書いていきたいと思います。

 

1、応募数と採択数

中小企業庁の発表によると、6,355社の応募のうち、2,471社が採択されたとのことでした。

採択率にすると38.9%。

相対し、1次公募は、17,275社の応募に対し、採択者数は9,518社。

なんと、驚異の採択率55.1%!!

平成24年度から始まったものづくり補助金で50%を超えたのは、

この1次公募だけです。

過年度のデータを見ても、だいたいいつも30~40%程度ですので、

今回の採択率は、概ね平均採択率だったという感じですね。

 

2、事業実施期間

事業実施期間は、交付決定日から平成31年1月31日です。

いつものものづくり補助金との大きな違いは

実績報告書提出期限も同日の平成31年1月31日

という事です。

通常、事業終了から実績報告書提出までは

一月ほどの猶予があります。

しかし、今回は事業終了期限と実績報告書提出期限が同日!

注意が必要です。

 

そして、やはり事業実施期間が短い~

早急に交付申請書を提出して、交付決定が11月末。

そこから、約2カ月で、納品・支払い・中間監査・目標の検証・実績報告書提出・・・

年末・年始もはさみますから、

スピーディーな対応が必要ですね。

 

 

3、来年も「ものづくり補助金」はあるのか??

来年も実施される可能性が高いようです。

年末から来年の初めにかけて、今年度の補正予算と来年度の当初予算についての概算が

明らかになりますので、その中に「ものづくり補助金」が含まれていれば、

実施されるのではないかということです。

また、安倍さんが首相のうちは、ものづくり補助金はある。という噂を

聞いたりしますが、こちらの真偽については不明です。。

 

ものづくり補助金については以上です。

 

朝晩の気温差が激しい時期になってきました。

紅葉は進みますが、体調面には厳しい季節ですね。

皆様、お身体ご自愛下さい。。。

 

来週はめぐ姉の登場です!

 

認定支援業務の実践&売り上げUP方法なら
「認定支援ビジネス実践会」
http://nintei.org/jissen/

認定支援ビジネス実践会の情報がLINEに届く!
(既存会員様はご利用いただけません)
友だち追加

公式Facebookページ
https://www.facebook.com/wakasugicpa/