ものづくり補助金 交付決定後のあれこれ

こんにちは、つるつるです。
気づけばもう10月になってしまいましたね。

 

さて、10月1日でものづくり補助金の二次公募も完全に締め切りとなりました。
こちらの採択結果発表は10月末ごろになるのでは、というのが弊社の見解です。
一次公募よりも採択から事業完了までの期間が短いので、
なるべく早く発表→交付決定→事業開始、と行きたい所ですが……。

一方、一次公募は交付決定がほぼ済んだ状況でしょうか。
そこで今回は交付決定後に行う作業について触れたいと思います。

設備発注・設置

ものづくり型で申し込まれた事業者様はほぼ該当する内容です。
補助金の対象となる設備を発注しなくては意味がありませんね。
発注して設置する、いたってシンプルな工程ですが、注意点もあります。

  1. 発注できるのは交付決定後
  2. 設備設置にまつわる写真を撮影しておく

1は交付決定まで進まれている方には今更な事かもしれません。
2については以前ミセスがブログで取り上げてくれています。
この写真を撮っておかないと後々、実績報告書作成時に困ってしまいます。
特に大型設備の場合、(ちょっとズルいですが)設置前の写真を後から用意する事も
難しいですので、一層注意しなくてはいけませんね。

遂行状況報告書

遂行状況報告書は一言で言えば「事業進捗の報告」です。
『○○は終わりました、××はまだです』、
と言ったスケジュール通り進んでいるかの報告書なので、
作成自体はそんなに手間ではありません。
厄介(?)なのは提出締切です。

この遂行状況報告書は、都道府県によって提出時期がバラバラです。
弊所で把握している限りですと、
早い所では9月21日締切、遅い所では11月16日までと2ヶ月も差があります。
まだ詳細を通知していない都道府県もあったりと、
所属の都道府県がどのように動いているのか、注意が必要ですね。
まだ連絡がない方も一度事務局に確認されると良いかもしれません。

遂行状況報告書の次には実績報告書を作成する事になるのですが。
少し長くなりそうなので、これは次回の私の番でお話できればと思います。

 

認定支援業務の実践&売り上げUP方法なら
「認定支援ビジネス実践会」
http://nintei.org/jissen/

認定支援ビジネス実践会の情報がLINEに届く!
(既存会員様はご利用いただけません)
友だち追加

公式Facebookページ
https://www.facebook.com/wakasugicpa/