「紹介依頼チラシ」制作でこだわったポイント

「紹介依頼チラシ」制作でこだわったポイント

こんにちは!デザイナーのうっちーです。

最近はチラシの制作をすることが多く、千本ノックのように「作っては次!作っては次!」といった感じで、
次々にチラシを制作する毎日を過ごしております。

そんな中、先日新たに「紹介依頼チラシ」というものを制作しました。
今回は、その「紹介依頼チラシ」制作の際にこだわったポイントなどを紹介したいと思います。

「紹介依頼チラシ」のこだわりポイント

こちらが制作した「紹介依頼チラシ」です。

紹介依頼チラシ
 
その名の通り、このチラシをお客様に配るだけで「弊所をお知り合いにご紹介ください!」というお願いができます。
 
制作の際は、以下のポイントにこだわりました。

どデカくインパクトのあるキャッチ

「とにかくインパクトのあるチラシ」という要望があったので、表面のキャッチはどデカく印象に残るものにしました。

どデカいキャッチ
どデカくインパクトのあるキャッチ

 
「若杉先生に相談してよかったです!」というキャッチが、見た人の記憶に残る仕上がりになったのではないでしょうか。

ベースカラーはオレンジに

はじめは、弊所らしさを出すためにコーポレートカラーである「青」をベースカラーにしようと考えていました。
 
弊所のコーポレートカラー
 
ただ、チラシを手に取った人により信頼感を与え、お問い合わせしやすくするにはどうすれば良いか?ということを考えた際、
色彩心理学の観点から「信頼感」「活気」「明るさ」の印象を与える「オレンジ」をベースカラーにすることにしました。
 
ベースカラーをオレンジに

セミフラットデザインを意識

「セミフラットデザイン」とは、Webでもよく見かけられるデザイントレンドのひとつです。

平面でシンプルさ、使いやすさを基本原則とした「フラットデザイン」が、ここ数年のWebデザイン市場を独占していましたが、今後は、フラットデザインにほんの少しの影を加えることで奥行き感を出す「セミフラット・デザイン」の人気が予想されています。

ということで、紹介依頼チラシにも、このセミフラット・デザインを取り入れてみました。

イラストやボックスにほんのりと影を加えることで、半立体的な質感を出しています。

イラストやボックスにほんの少し影を付ける
イラストやボックスにほんの少し影を付ける

まとめ

今回は、最近制作した「紹介依頼チラシ」のこだわりポイントを紹介しました。

今後も、サイトやチラシ制作の際にこだわったこと、制作の意図などをご紹介していければと思います。

お客様の声も集めながら、よりよいものづくりが出来るようこれからも日々精進してまいります!
 
 
●認定支援業務の実践&売り上げUP方法なら
「認定支援ビジネス実践会」
 http://nintei.org/jissen/

 

●認定支援ビジネス実践会の情報がLINEに届く!
(既存会員様はご利用いただけません)
友だち追加

 

●公式Facebookページ
https://www.facebook.com/wakasugicpa/